浦安魚市場について

浦安魚市場の歴史 浦安の紹介

浦安魚市場の特徴

浦安魚市場は業者様への卸しも、個人の方への販売も行う総合魚市場です!

朝早くから営業しておりますので、飲食業の方は仕入れ先としてお気軽にご利用いただけますし、一般の方も朝食はもちろん、夕飯の食材も購入することができますよ!入場時の制約や権利は全く必要ありませんので、お気軽にご来場ください。お魚1匹、切り身一切れでもOK!また、毎週土曜・日曜は浦安魚市場 恒例の大売り出しとなっております。各店舗とも目玉商品をご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

プロの目利きによる対面販売

浦安魚市場では「昔ながらの対面販売」を行っている他、プロの職人がその場で調理・加工をしております!

スーパーでは見られない珍しい魚や高級魚。また、そのさばき方から調理方法まで、コミュニケーションを交わしながら楽しいお買い物が出来ます!日曜祭日には「魚のテーマパーク」として、お子様とご一緒にぜひお越し下さい。楽しいですよ~♪

 

仕入れ業者の方へ

行商の方からレストランのオーナー、屋形船の経営者など多岐にわたる業者の方から、「食の台所」として浦安魚市場をご利用いただいております!

正午まで営業しておりますので、深夜まで営業をされている居酒屋やバーのコックさんなども仕込み材料を仕入れに来るんですよ~。とりあえず一度起こしになって、浦安魚市場の雰囲気を味わってください!どのように、市場を活用いただけるか、すぐにおわかりになっていただけると思います。

 

個人の方へ

魚市場というと一般的に「卸売り」を行う場所と思われがちですが、浦安魚市場は違います!一般の方への販売も、魚一匹から切り身一切れの購入が可能です!

美味しい刺身の盛り合わせも沢山ございますよ!スーパーやショッピングセンターにない「魚市場ならではの空気」を満喫してください!漁師町だった頃の懐かしい風景にきっと出会えるはず!

 

浦安魚市場の風景

 

ウナギの蒲焼き

 
ウナギの蒲焼きも単に焼くのみではなく、下ろすところからご覧いただけます。

 

焼きハマグリ

 
浦安名物焼きハマグリもこちらで焼いております。
焼きたてをその場で食べることも出来ますし、おみやげにすることも出来ます。
うなぎの「内藤」と「本澤」に挟まれて、焼蛤の「さつまや」があります。
市場の中でも、このエリアは『うなぎ』と『蛤』を焼く、独特のいい匂いが漂っています。
見た目のみでなく、香りも楽しめます。

 

貝むき

 
他の市場や店では見ることがない光景でしょう。
東京湾で採取された青柳(バカ貝)の『貝むき』です。
左の黄色い箱に入れているのが舌で、右に少し写っているのが小柱です。
なにげなくむいているのですが、その手元の早さはまさに職人。
一つむくのにほんの数秒です。

 

佃煮の計り売り

 
浦安名物の佃煮もご希望合わせて、計りで計量して販売しております。
贈り物としても大変人気があります。
その秘密は秘伝のタレです。
試食も出来ますので、まずはご自身でお確かめ下さい。

 

江戸前のり

 
江戸前ののりを一帖単位で販売しております。
海苔の種類も何十種類とあります。
味の違いはもちろん、おむすび用などもあります。
冠婚葬祭時のお返しなどのまとまった注文も、受付けております。
手巻き寿司や細巻き・太巻きののりとして最適です。

 

魚の下ろし販売

 
魚市場に対面販売をしている者は、ただの販売員ではありません。
切り身をさばく職人であると共に、魚のプロフェッショナルです。
魚の種類からさばき方、調理の仕方、旬の素材まで何でもお聞き下さい。

 

様々なエビ

 
エビはご存じの通りいろいろな種類があります。
浦安魚市場にはエビの専門店もありますので、旬のおいしいエビを購入することができます。
お刺身やエビフライ、バーベキューなど幅広い料理方法があるエビ。
専門店のエビの味を、一度試してみてはいかがでしょう。